TOP

みくりNEWS

バックナンバー:2019年6月

診療時間変更のご案内

平日午後は19:00までの診療時間で18:30からの予約枠が最終となっていましたが、7/1より18:00からの予約枠を最終(最終受付18:15)とし、診察終了時刻を18:30とさせていただきます。

ご不便をおかけしますが、皆様のご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

モンテッソーリ勉強会 「イヤイヤ期も悩まず楽しもう!」モンテッソーリ的アプローチで楽しい子育て術

blog

0歳から3歳までの3年間は、心と身体が劇的に変化し成長していきます。生まれたての赤ちゃんが、立って歩き、ミルクからご飯を食べられるようになり、自分の意志を主張できるようにまでなる…. これは人間の人生の中でも、最も激しく変化する3年間ですよね。実は、子どもたちは「人格形成の基礎工事」の真っ最中なのです。
そんな劇的で貴重な3年間、どうやって大人は子どもを応援し助けていけばよいのでしょうか… ?

100年以上も前から世界中で実践され、今なお多くの子どもと大人の助けとなっているモンテッソーリ教育にそのヒントを見つけてみませんか?「あぁ!そうだったんだ!」と気づき、今日からの育児にまた楽しく向き合えるエッセンスをたくさん持ち帰っていただければ幸いです。皆さまのご参加心よりお待ちしております!

【開催日】2019年7月13日(土)10:00~11:30

【開催場所】みくりキッズくりにっくA棟2階 みくりモンテッソーリこどものいえ「はじめちゃん」

【講演内容】

・イヤイヤ期は成長に欠かせない大切なステップ
・どうしてイヤイヤなっちゃうの?この時期の子どもの気持ちを大解説
・こんな時どうする?子どもが育つ上手な大人の接し方
・手と身体を使う「おしごと」で心を育てよう!

 【主催】みくりモンテッソーリこどものいえ「はじめちゃん」
https://hajimechan.site

【対象】0歳~3歳のお子さんがいる保護者、その他、興味のある方ならどなたでも可
【参加費】2000円( 税込) ※当日現金でのお支払い
【定員】20名
【申込方法】保護者氏名、お子さんのお名前、年齢をkodomonoie@micri.jpまでお知らせ下さい。

【講師】みくりモンテッソーリ「はじめちゃん」 園長 池角深雪
AMI(国際モンテッソーリ協会)公認国際ディプロマ(0~6歳)

東京大学先端科学技術研究センター中邑研究室CO+ラボ『「茶会」〜上手なお薬との付き合い方〜』にてお話してきました

20190618_132549172

東京大学先端科学技術研究センター中邑研究室にて、CO+ラボというプロジェクトにご参加されている保護者様向けに、『「茶会」〜上手なお薬との付き合い方〜』としてお話して参りました。

CO+ラボ | 学習・生活・コミュニケーションに困難がある人のための相談室

20190618_134621643

これまでもいくつかのコラボ企画を実践してきた中邑先生、赤松先生とのディスカッションから生まれた今回の企画。「公開セカンドオピニオンのような講演会を」ということで、タイトル通りお茶会のようなリラックスした雰囲気のなか、質疑応答までゆったりと流れるようなひとときをすごさせていただきました。

発達障害のお子様の特性や処方されるお薬について、できる限り分かりやすい説明をこころがけたつもりです。医療も薬も万能ではありません。まさしくタイトル通り“上手に付き合っていく”ことが大切なのだということが、集まってくださった方々に少しでも伝わっているとうれしいです。

またこのような機会をいただけたらと思います。赤松先生、有り難う御座いました(当日の模様は、CO+ラボのWebサイトでもご覧いただけます)。

みくりキッズくりにっくが取り組む、新しいリトミック(0~2歳児を対象とした音楽クラス)のご案内

cover-2oBVJ9U4RYzqIckNHffBpmaWFwqK98pX

小児専門医療施設のみくりキッズくりにっくが取り組む、新しいリトミック(0~2歳児を対象とした音楽クラス)のご案内です。音楽療法士・医学博士の資格を持つ講師が、医療的な視点をもって、音楽活動によって得られる効果がその場限りでなく普段の生活につながるようなクラスを目指します。

グループ指導クラスでは、同世代の子ども同士のコミュニケーションを引き出して社会性の発達を促します。個別指導クラスでは、その子に合わせたそれぞれに引き出してあげるべき才能を伸ばすべく、その子らしい目標を設定して丁寧な成長・発達のサポートを心掛けています。

今年より定期的な開催を予定しているみくりキッズくりにっくのリトミック教室(0~2歳児音楽クラス)を開催・実施いたします。ご興味のある方はぜひお申し込みいただき、ご参加ください。

▶ みくりキッズくりにっくが取り組む、新しいリトミック(0~2歳児を対象とした音楽クラス)

〇企画内容

【クラス】

●0歳児クラス『たんたん』:11時30分~12時30分

●1歳児クラス『りんりん』:9時00分~10時00分

●2歳児クラス『しゃんしゃん』:10時15分~11時15分

※ご希望の方限定で、個人向けクラスを開催同日の午後に予定しております
※発達段階でのクラス分けをしておりますので、参加者のお子様の状況によってお申し込みください

【日時】

○2019年7月14、28日(日)

○2019年8月4、18日(日)

○2019年9月8、22日(日)

○2019年10月13、20日(日)

○2019年11月10、24日(日)

○2019年12月8、22日(日)

※変更の可能性がございます。ご了承ください。

【場所】

みくりキッズくりにっく 世田谷区上野毛 2-22-14 A棟2F
(階段下のインターフォンでお呼びください)

【参加費】

• グループ指導クラス単回チケット:4,000円(1回分)

• 個別指導クラスお申し込みチケット:5,000円(1回分)

【定員】

各クラス8名(個別指導クラスは1名ずつ)

▶ みくりキッズくりにっくが取り組む、新しいリトミック(0~2歳児を対象とした音楽クラス)

〇コンセプト

○歌いかけ
お母さんが赤ちゃん、お子様を抱っこして、アイコンタクトをとりながらボディタッチしながら歌いかけることによって、コミュニケーション能力を養います。
○身体活動
身体部位の確認を行い、音楽のリズムを感じて運動を促します。
○楽器活動
スズ、マラカス、ドラムを使用して両手協調動作を促し、粗大動作をともなった楽器活動を行います。そして、聴覚からだけではなく、楽器の振動や触覚を感じることによって音楽を幅ひろく楽しみ、感性を養います。
○発声
歌うことによって発声を促し、言語発達を促します。言語はすべての学習活動を促進する重要な能力です。言語能力の発達を出生後から促進することは重要です。

テレビなどの一方的な働きかけではなく、お母さんや他のいろいろなお友達と一緒に音楽をやることによって、その場でのやり取りがコミュニケーション能力の促進、社会性を促進します。また、お母さんや他者のボディタッチはお子さんの学習能力を高めるということが脳波を使用した研究で科学的に証明されています。
音楽を使った活動をいろいろな感覚刺激を用いて母子で一緒にやることによって、運動・言語・認知発達を促すと考えられます。そして、家庭においても母子,父子で一緒にやることで、さらに発達が促進すると考えられます。

▶ みくりキッズくりにっくが取り組む、新しいリトミック(0~2歳児を対象とした音楽クラス)

〇講師プロフィール

内野 すみ江

現在みくりキッズくりにっくにて音楽療法を実践。聖徳大学音楽学部音楽総合学科兼任講師。

ピアノを4歳から始め、現在は小原孝氏に師事、ピアノ教室主宰。1994年より都内福祉施設で音楽療法を実践している。

東北大学大学院医学系研究科博士後期課程修了(医学博士)

桐朋学園大学音楽部 音楽療法講座修了 日本音楽療法学会認定 音楽療法士

バステイン 大人のピアノ教本共訳

【お問い合わせ】
ongaku@micri.jp

【プレ体験会】みくりキッズくりにっくのリトミック教室 0~2歳児音楽クラス

cover-2oBVJ9U4RYzqIckNHffBpmaWFwqK98pX

小児専門医療施設のみくりキッズくりにっくが取り組む、新しいリトミック(0~2歳児を対象とした音楽クラス)のご案内です。音楽療法士・医学博士の資格を持つ講師が、医療的な視点をもって、音楽活動によって得られる効果がその場限りでなく普段の生活につながるようなクラスを目指します。

グループ指導クラスでは、同世代の子ども同士のコミュニケーションを引き出して社会性の発達を促します。個別指導クラスでは、その子に合わせたそれぞれに引き出してあげるべき才能を伸ばすべく、その子らしい目標を設定して丁寧な成長・発達のサポートを心掛けています。

この度、今年7月より定期的な開催を予定しているみくりキッズくりにっくのリトミック教室(0~2歳児音楽クラス)のプレ体験会を実施いたします。ご興味のある方はぜひお申し込みいただき、ご参加ください。

〇企画内容

【日時】2019年6月30日(日) 10時00分~12時00分(9時50分開場)
※時間中の入退室は自由です

【場所】みくりキッズくりにっく 世田谷区上野毛 2-22-14 A棟2F
(階段下のインターフォンでお呼びください)

【参加費】

• 無料(予約チケットをお申し込みください)

【定員】先着8名

お申し込みはこちら

〇コンセプト

○歌いかけ
お母さんが赤ちゃん、お子様を抱っこして、アイコンタクトをとりながらボディタッチしながら歌いかけることによって、コミュニケーション能力を養います。
○身体活動
身体部位の確認を行い、音楽のリズムを感じて運動を促します。
○楽器活動
スズ、マラカス、ドラムを使用して両手協調動作を促し、粗大動作をともなった楽器活動を行います。そして、聴覚からだけではなく、楽器の振動や触覚を感じることによって音楽を幅ひろく楽しみ、感性を養います。
○発声
歌うことによって発声を促し、言語発達を促します。言語はすべての学習活動を促進する重要な能力です。言語能力の発達を出生後から促進することは重要です。

テレビなどの一方的な働きかけではなく、お母さんや他のいろいろなお友達と一緒に音楽をやることによって、その場でのやり取りがコミュニケーション能力の促進、社会性を促進します。また、お母さんや他者のボディタッチはお子さんの学習能力を高めるということが脳波を使用した研究で科学的に証明されています。
音楽を使った活動をいろいろな感覚刺激を用いて母子で一緒にやることによって、運動・言語・認知発達を促すと考えられます。そして、家庭においても母子,父子で一緒にやることで、さらに発達が促進すると考えられます。


小児専門医療施設であるみくりキッズくりにっくが取り組む、新しいリトミックのかたちをぜひ体験してください。お申し込み、お待ちしております。

▶ みくりキッズくりにっくが取り組む、新しいリトミック(0~2歳児を対象とした音楽クラス)

バックナンバー

みくりキッズくりにっくのメールマガジン

『みくりだより』はこちら

みくりキッズくりにっくのメールマガジン

みくりだより

今後、みくりキッズくりにっくの最新情報を漏らさずチェックすることができます

gahag-0096014428