TOP

みくりNEWS

バックナンバー:2019年

医療法人社団のびたより 2019年一年間の感謝を込めて

p_honda

みくり開院から4回目の年末年始を迎えます。

2019年はみくりキッズくりにっくにとって、医療法人化、初の分院・コドモノいっぽクリニック開院、医療型特定短期入所まんまる開設、産後ケアいっぽちゃんリトミッククラス(新しいリトミック(0~2歳児を対象とした音楽クラス))ペアレントトレーニングトリプルPモンテッソーリこどもの家はじめちゃん…などなど新しいチャレンジに駆け抜けた1年になりました。
サポートしてくださった皆様に心より感謝申し上げます。

すべての子どもたちとご家族に必要な支援と選択肢を。
日本唯一の小児科クリニックを目指して。

スタッフ一同、プロフェッショナル集団として、皆様のお役にたてるように来年も益々精進して参ります。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

皆様に
ステキな2020年が
訪れますように!

医療法人社団のびた理事長・みくりキッズくりにっく院長 本田 真美(ほんだまなみ)

y_maruyama

2019年にはじまった、
のびたのたくさんの
「はじめのいっぽ」。

それぞれの色彩で、
それぞれらしく、
子どもたちと
まわりの大人たちと一緒に
紡いでいきたいと思います。

あなただからできること、
みんながいるから頑張れること。
無限大の可能性に、これからも力を貸してください。

「生きることを楽しむ」
をテーマに進みたいと思います。

コドモノいっぽクリニック院長 丸山 友紀(まるやま ゆき)

p_okada

2019年は私にとって、とても大きな一年でした。小児科医になって以来、医療的ケア児とご家族に微力でもサポートをしたいと思ってきました。

念願の医療型特定短期入所『まんまる』の開所。新しいご家族との出会い。でも開所はゴールではなくスタートです。

2020年は訪問看護ステーションとの連携やリハスタッフとの連携で、医療的ケアがある子もない子もみんなに笑顔をひとつでも多く届ける活動を、そして医療的ケアがあっても社会の一員として参加できる仕組みを発信していきたいと思っています。

みくりキッズくりにっく副院長・医療型特定短期入所まんまる代表 岡田 悠(おかだ はるか)

p_yoshino

今年も残すところ、あとわずかとなりました。今年もたくさんの方にご来院頂きましてありがとうございました。また日頃より当院の重症児支援事業である医療型特定短期入所『まんまる』および『ぽれぽれ』へのご理解ご支援を賜りまして誠にありがとうございます。

病気や障がいがあってもなくても、子どもたちや家族が地域であたりまえに幸せに暮らしていけるように、お子さんとご家族に寄り添い、心を込めて看護を提供できるように、スタッフ一同来年もより一層精進して参ります。

皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい。

みくりキッズくりにっく看護師長・重症心身障害児サポート『ぽれぽれ』代表 吉野 友美(よしの ともみ)

sketch-1577789692898

今年一年間、みくりの皆さんに進路の悩みを聞いていただきありがとうございました。

現状、僕は医療的ケア(人工呼吸器)があり、就職先が少ないと感じています。自分のイメージでは、パソコンを使って仕事することをイメージしていたのですが、生活介護施設だと本を読んだり、足浴したりして自分にとっては「物足りないな」と感じていました。

そこで12/26に、みくりでWebページの作成や診療明細書の発行の仕事をしました。僕は生活介護施設で自分がやりたい仕事ができなかったのですが、みくりでやった仕事の方が今まで学校で学んだ知識を活かしたパソコンの仕事をやれることができて最高に嬉しかったです。

また、来年はこのようなパソコンを使った仕事を継続したいと思います。僕はWebページを使った仕事に興味を持ったので、来年に向けてWebページの作り方をより学んで自分で書いた文章をアップ出来るようにしたいです。

川田 晃夫

thumb330_1493762864-_________

2019年のみくりエイティブでは、お子さんの発想力や考える力を養えるプログラムを多く提供することができました。

ボルダリングを使ったり、世界で一つのTシャツを作ったり、佐渡のおこし型で文化に触れたり…様々なワークを行いました。

ソーシャルスキルトレーニングとしては、電通の「アクティブラーニングこんなのどうだろう研究所」が行うプログラム「言葉の絵画教室」や劇作家で脚本家の岩井秀人さんの物語を作るプログラムを医療として行い、今までにないソーシャルスキルトレーニングができたと思います。

2020年も医療に発想力をプラスさせ、今年以上に刺激的なプログラムを充実させたいと思います。

一般社団法人みくりエイティブ
代表理事
アートディレクター
本田晶大(ほんだ まさひろ)

医療法人社団のびた みくりキッズくりにっくの事業がスペシャルニーズがある子どもの情報サイトCOMUGICOに記事が載りました

FireShot Capture 341 - 医療法人社団のびた みくりキッズくりにっく - COMUGICO - comugico.info

医療法人社団のびた みくりキッズくりにっく | COMUGICO

みくりキッズくりにっくが取り組む、新しいリトミック

みくりモンテッソーリこどものいえ はじめちゃん

ぜひご一読ください。

年末年始の断捨離に☆彡あなたの寄付で、障害をもつ子どもたちが地域で安心・健やかに育つお手伝いをお願いします。

FireShot Capture 337 - 医療法人社団のびた みくりキッズくりにっく - Brand Pledge - 洋服・ブランド品寄付サービス - brand-pledge.jp

年末年始の大掃除、要らなくなった洋服、眠っているブランド品などを送って、障害をもつ子どもたちが地域で安心・健やかに育つお手伝いをしませんか?

方法は、送られてきたダンボールに商品を詰めて送るだけ。届いた査定金額から寄付申請を行うことができます。査定金額が気に入らなければ、1アイテムから送料無料で返送手続きもできます。さらに毎回の寄付の度に、最大500円を上乗せしてみくりキッズくりにっくに全額寄付されます。

戴いた衣類から生まれたご寄付は、みくりキッズくりにっくの重症心身障害児・医療的ケア児の日中サポート事業『ぽれぽれ』・都内初となるクリニック併設型の医療型特定短期入所『まんまる』で使う玩具や設備にて使用されます。

この機会にぜひご検討くださいませ。お申し込みはこちらから↓
https://brand-pledge.jp/associate/micri

“【東京都】世田谷区に都内初のクリニック併設型「医療型特定短期入所 まんまる」がオープン”として アンリーシュ 医療的ケア児と家族に役立つメディアに記事が載りました

FireShot Capture 340 - 【東京都】世田谷区に都内初のクリニック併設型「医療型特定短期入所 まんまる」がオープン - アンリーシュ 医療的ケア児と家族に役立つメディ_ - unleash.or.jp

【東京都】世田谷区に都内初のクリニック併設型「医療型特定短期入所 まんまる」がオープン | アンリーシュ 医療的ケア児と家族に役立つメディア

18歳以下の重症心身障がい児・医療的ケア児の日中ショートステイとして利用できる、都内初のクリニック併設型「医療型特定短期入所まんまる」が10月1日にオープンした。

コンセプトは「全ての子どもと親に選択肢を」。

障がいや医療ケアの有無にかかわらず子どもと家族が当たり前の生活を送るための支援をしていきたいとの思いから、国立成育医療研究センター出身の同クリニックの本田真美院長、岡田悠副院長が同所の開設を決めた。

クリニック併設型のメリットを生かし、医師、看護師、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚療法士(ST)など多職種の専門スタッフが連携する。

一人一人の子どもの特性に合わせて活動の提供の仕方を考慮し、リハビリ設備も活用しながら生活の自立をサポートする。

運営は医療法人社団のびた みくりキッズくりにっく。

ぜひご一読ください。

【東京都】世田谷区に都内初のクリニック併設型「医療型特定短期入所 まんまる」がオープン | アンリーシュ 医療的ケア児と家族に役立つメディア

目黒総合リハビリサービス代表 金子 断行先生に『二足直立への定型発達』として御指導いただきました

S__6242387

S__6242390

英国から発した中枢神経系の治療概念であるボバース法の公認インストラクターで理学療法士として小児専門リハビリと療育サービスを保険外で実践されておられる金子先生にお越しいただき、普段当院でのハビリテーションに来ていただいているお子様を当院スタッフと共に診ていただくことができました。S__7151635

その後、みくりキッズくりにっく、訪問看護・リハビリテーション『七つの海』スタッフと共に『二足直立への定型発達』として御指導いただきました。

この度は貴重な機会を戴き、有り難う御座いました。

▶ 目黒総合リハビリサービス

バックナンバー

みくりキッズくりにっくのメールマガジン

『みくりだより』はこちら

みくりキッズくりにっくのメールマガジン

みくりだより

今後、みくりキッズくりにっくの最新情報を漏らさずチェックすることができます

gahag-0096014428