TOP

みくりNEWS

カテゴリー:お知らせ/取材・報道

“【小児医療における多職種連携】病気を治すことだけが小児科医の仕事ではない|みくりキッズくりにっくのハビリテーション”として取材をうけました

みくりキッズくりにっく

【小児医療における多職種連携】病気を治すことだけが小児科医の仕事ではない | 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の求人、セミナー情報なら【POST】

院長の本田が取材を受けました。ぜひご覧ください。

【みくりキッズくりにっくでは新設医療法人社団そして新規事業・クリニック併設型 医療型短期入所事業を支えるPT・OT・STを募集しております】

世田谷区二子玉川・上野毛の小児専門医療施設・みくりキッズくりにっくでは、一般小児科、乳幼児健診・予防接種、のほか育児サポートプログラム、モンテッソーリ教育、重症児支援、発達相談事業など…
すべての子どもたちの成長・発達、地域での子育てに医療・教育・デザインの枠を超えて携わるハビリテーションスタッフ(PT・OT・ST)を募集しています。

私たちみくりキッズくりにっくは、“すべての子どもと親に選択肢を”を理念として次世代の自由を育むため、その人がその人らしく生きられる事業に取り組むべく、当たり前でありながら、これまでなかった地域小児医療を提供するクリニックを運営しております。

この度、2019年4月に医療法人社団を新設し医療法人社団のびた みくりキッズくりにっくとしてスタートしました。

そこで、多職種連携による専門的アプローチ、医療だけでなく教育や福祉などの領域を超えた連携のできる地域クリニックを支えるためのハビリテーションスタッフ(PT・OT・ST)を新規募集しています。
教育システムもきちんと整っており、子どもたちの発達に幅広い経験と知識を身につけることができ、さらに、毎日がワクワクできる職場です。

詳しくはこちら

日本経済新聞”生活リズム崩さずに ”として副院長 岡田 悠が取材をうけました

5月病 生活リズム崩さずに  _日本経済新聞 - www.nikkei.com

生活リズム崩さずに  :日本経済新聞

医師(副院長):岡田 悠
職歴:関東中央病院小児科、国立成育医療研究センター総合診療部・小児放射線診断部
資格:日本小児科学会専門医
兼務:国立成育医療研究センター小児放射線診断部

ひとこと:外来に来られるお子さんたちが日々成長していく姿が楽しみです。どんな小さな事でも、気になる事や心配事があれば、お気軽にご相談ください。救急診療や放射線診断の経験を活かして、適切で分かりやすい診療を心がけています!

“小児科医に聞く!ゲームは子どもの発育・発達に影響はあるの?”としてウィメンズパーク(ベネッセコーポレーション運営)の取材を受けました

pokemon08_image02

小児科医に聞く!ゲームは子どもの発育・発達に影響はあるの?│ウィメンズパーク

院長の本田が取材を受けました。ぜひご覧ください。

1才2才のひよこクラブ2019冬春号

main

1才2才のひよこクラブ2019年冬春号
子どもの力を伸ばすおもちゃ特集を監修しました。

おもちゃコーディネーターの資格をもつ院長本田が1才2才のひよこクラブ2019年冬春号の特集、
「子どもの力を伸ばすおもちゃ28選」を監修しました。

院長本田がたまひよオンラインの記事を監修しました。

院長本田がたまひよオンラインの記事を監修しました。
お時間ある時にお読みください。

赤ちゃんの発達がちょっと心配なときのかかわり方【0~6ケ月】

赤ちゃんの発達がちょっと心配なときのかかわり方【6ケ月~1歳】

【乳幼児健診】1カ月健診ってどんなことをするの?

【乳幼児健診】3~4カ月健診ってどんなことをするの?

【乳幼児健診】6~7カ月健診ってどんなことをするの?

【乳幼児健診】9~10カ月健診ってどんなことをするの?

【乳幼児健診】1歳健診・1歳6ケ月健診ってどんなことをするの?

赤ちゃんの視力は? 聴力は? 五感はこう育つ!

赤ちゃんが言葉を発するまでには段階があった!

バックナンバー

みくりキッズくりにっくのメールマガジン

『みくりだより』はこちら

みくりキッズくりにっくのメールマガジン

みくりだより

今後、みくりキッズくりにっくの最新情報を漏らさずチェックすることができます

gahag-0096014428