TOP

みくりNEWS

カテゴリー:本田真美ブログ/講演会情報

中央区立明石小学校で講演しました。

161223

私の著書を読んでくださった養護教諭の方からお声がけ頂き、先生方と保護者を対象に、こどもの特性〜学習と認知〜についてお話ししてきました。
明石小学校は都会の真ん中にある、小さな学校ですが特別支援教室があったり、広告小学校という取り組みをしていたり…そんな中でお招きいただき、とても楽しくお話しさせていただきました。

子どもの評価軸を変えること。
子どもを変えようとせず、授業や学校を変えること。

先生や保護者の皆様にメッセージとして届けられたかな〜。

161223_022年女子保護者(父)
これまでの子育てや自分が育った経験から感じている思考が、一般的にどのように体系化されているのか理解できるわかりやすい話でした。
家庭で、教育・体育・食育など育てることは、親の責任だと思いますが、それだけでは基準が一つで、偏りがあると思うので、社会が学校で育ててもらえる部分とどのように連携できるか考えさせられました。将来的に、学校から社会に出るなかで、重要視される能力や基準が変わることを意識しながら子育てしていきたいと思いました。

1年女児・5年男児保護者
今日のような講演会には興味があり、年1回は参加するようにしています。人には様々なタイプの人間がいるという認識はありましたが、似たタイプの中でも少し違っていたりと、奥が深いなと思いました。私が子育てにおいて特に気を付けている事は、“自己肯定感”を持てる子にするという事です。最後の方の言葉、“子供を変えるのではなく、評価軸を変えることが大切”という言葉は、大変気に入っています。

2年男児保護者
本田先生のお話は大変分かりやすく、勉強になりました。案内のお知らせがきた時には、認知特性という言葉にあまりピンときませんでしたが、今日の話を聞いて知ることができました。当初は、発達障害について詳しく聞けると思い申し込みましたが、それに限らず誰でも参加した方が良いように感じました。

1年男児保護者
今日まで「認知特性」を知らず、自分の子供の学習する様子を見て、漠然と私が得意でないことが得意なようだ、私とは考え方が少し違うようだ、それともまだ1年生だから出来ないのか・・・など色々と疑問に思っていたことが、今日の話で溶け、スッキリとしました。自分の子供の勉強を見る際には、少し違った角度からアプローチしてみることが必要だとわかりました。今日出席して本当に良かったです。ありがとうございました。

1年男児保護者
教育相談のカウンセラーの先生に、自分の息子は「体験した時のことや目で見た物は頭に入りやすい」と言われたばかりだったので、本田先生の話はとても理解できて、目からうろこの話ばかりでした。学校は、学業を学ぶところであるので、学習を軸に人を判断するのは当たり前ですが、人格や運動能力など、学業以外の部分でも、息子を判断できる親でありたいと思いました。

6年男児保護者
感覚の優位性は、人それぞれ違っているそうで、自分自身の感覚の優位性を知っておくと、日常生活や仕事が楽になり、また子供の優位性を観察してみて、今後の子育ての参考にして役立てていきたいと思います。ありがとうございました。

狛江市立緑野小学校ふたば教室で講演をしてきました!

160922

狛江市立緑野小学校ふたば教室(特別支援教室)の先生方を対象に…発達障害について、認知特性に応じた指導法について講演をしてきました。
緑野小学校からは毎年、研修にお呼びいただき、今回で3回目になります。

若い先生方も多く、皆さん本当に一生懸命聞いてくださり、日々のこどもたちへの指導に対する熱心なご様子が伺えました。

医療と教育、福祉の更なる連携は今の私が目指すところで…学校に出向いたり、先生方とお話させていただくことは、私自身も診察室で会う子どもたちが学校で実際にどのように過ごしているのかを知ることができるとても良い機会です。

講演についてのご感想を先生方からいただきました。
医者は診察室では一人の子どもにしか会えないけれど、講演を通じて、医療の立場からの考え方を教育へと繋げていくことができれば、学校でもう少しやりやすい方法を見つけられる子どもたちが、もっと大勢いるかもしれない…そう考えるととても嬉しいです

 

本田先生研修有難う御座いました。
認知特性に応じた覚え方があること、またそれを指導にどう活用していくかを考えるきっかけになりました。自身の特性を捉え、指導スタイルが偏っていないかを常に意識しながら子供に教えていきたいと思います。子どもの学びやすい方法を実践していくために、認知のことについてより学びを深めるとともに、それぞれの特性に応じた支援の方法を深めていければと思います。

 

認知特性をベースにいろいろとお話を訊けて勉強になりました。自分が担当している児童のことを思い浮かべながら、認知特性を参考に学習面でのつまずきやその子にとっての学びやすい方法を考える機会にもなりました。お足元の悪い中、ありがとうございました。

 

本日はふたば教室のためにお話しをいただきありがとうございました。学びやすさやわかりやすさは人それぞれ違うこと、それをお互いが理解して歩み寄っていくことが大切であるということが印象的でした。自分自身はもちろん、教えている子供達にもそのことが伝わるように指導していきたいと思いました。大変貴重な時間でした。ありがとうございました。

 

発達障害について専門的な知識を改めて勉強になりました。また認知特性について、体験を交えて教えていただき、とてもわかりやすかったです。
認知特性については、子どもの特性を看取り、適した指導を行いたいと思います。1つの授業で様々な認知特性のある子どもたちの前で有効な指導の工夫を考え、また自分自身の認知特性に偏った授業にならないように留意したいと思います。個人的には「小中の9年間が地獄」という言葉が印象に残りました。授業や学校の枠組みに収まらない子どもを不適応と称すること、もちろん社会性を育む意味で必要なことではあっても、今1番必要なことは何かなと、自分の担当の子どもを連想し考えさせられました。

 

容姿が一人一人違うように、認知特性も様々だということを学びました。特性が大きい子にとって、過ごすのが大変だと言われている小中学校時代。学校での時間がその子にとって豊かなものであるためには、環境の側の発想の転換や、柔軟性が必要だと感じました。子どもの声を聞きながら、こちらも学び、変わっていきたいと思いました。参加させていただき、ありがとうございました。

 

認知特性は人によって違うこと、自分がよいと思って行っている支援もその子にとっては合っていなかったり、より適した支援があったりする可能性を考え、さまざまな方法を試しながら見直していきたいと思いました。学んだことを子どもたちに返していきたいと思います。

練馬区医師会 子どもの心研究会にて講演しました。

講演『障害を持つ子どもと家族を地域で支える 〜小児科クリニックでの取り組み』
p01
p023
練馬区医師会の子どもの心研究会にお招きいただきました。
みくりでの活動を、他区の方々からも注目していただけるのはとても嬉しいです(^-^)
すべての子どもたちが、住んでいる地域で楽しく生活できるお手伝いができますように…

本田真美 講演/認知特性を活かした言語指導

本日は千葉市民会館にいます。
千葉県特別支援教育研究連盟 全体研修会にお招きいただき、今から講演です。
250名を超える先生方を前に…大緊張ですσ^_^;が…
医療と教育の連携は私の仕事の目指すところ!
楽しく話してきます。

IMG_1877IMG_0069IMG_3100

沖縄で講演いたしました。

IMG_5466

6月3日、沖縄県の県立南部医療センターにて、『障害をもつ子どもと家族を地域で支えるために』という内容で講演をしてきました。

当日は100名ほどの、医師、保健師、当事者ご家族たちにお集まりいただき、みくりキッズくりにっくでの取り組みを紹介してきました。

地域は違っても、想いは同じ。

大好きな沖縄で、仕事を通じてまた新たな出会いがたくさんあり、たくさんの刺激をいただけました!

IMG_0393

今回、講演を企画くださった一般社団法人のkukuruは訪問看護の他に、沖縄でのバリアフリー旅行のお手伝いもしてくれる頼もしいスタッフたちです!

バックナンバー

みくりキッズくりにっくのメールマガジン

『みくりだより』はこちら

みくりキッズくりにっくのメールマガジン

みくりだより

今後、みくりキッズくりにっくの最新情報を漏らさずチェックすることができます

gahag-0096014428