TOP

みくりNEWS

医療法人社団のびたは2019年11月、狛江市にみくりキッズくりにっくの分院“コドモノいっぽクリニック”を開院します

ippo_0718-08

世田谷区二子玉川・上野毛の小児専門医療施設・医療法人社団のびた みくりキッズくりにっくでは、一般小児科、乳幼児健診・予防接種、のほか育児サポートプログラム、モンテッソーリ教育、重症児支援、発達相談事業など…すべての子どもたちの成長・発達、地域での子育てに医療・教育・デザインの枠を超えて携わる事業を開院以来続けてまいりました。そして、2019年4月に医療法人社団を新設し医療法人社団のびた みくりキッズくりにっくとしてスタートしました。

私たち医療法人社団のびたは、“すべての子どもと親に選択肢を”を理念として次世代の自由を育むため、その人がその人らしく生きられる事業に取り組むべく、当たり前でありながら、これまでなかった地域小児医療を提供するクリニックを運営しております。

この度、新たに狛江市に初の分院となるコドモノいっぽクリニックを開院致します。現在、今年11月の開院を目指して、いっぽずつ準備中です。

東京都狛江市中和泉の小児科 コドモノいっぽクリニック

子どもたちの成長は はじめてのくりかえし。どきどきワクワクを経験した子どもの笑顔は何よりキラキラしています。
さいしょのいっぽに向き合える そんな大人でありたいと思います。

小児科のやるべきことは 元気を守ること。
からだの元気 こころの勇気 子どもも家族も周囲の大人も地域も社会もみんなが楽しくいられることが健康な子どもを育むこと。

コドモノいっぽクリニックは いろんないっぽを応援します。

ママが赤ちゃんを胸に抱いた瞬間から「はじめて」旅行へしゅっぱつしんこう!
はじめてのぎゅー はじめてのおでかけ はじめて触るおもちゃや絵本、ひとりでできたごあいさつ、あかちゃんのいっぽ、お姉さん・お兄さんとしての一歩、ママとパパと家族のいっぽ
…土台を大事にできると、積みあがる形も楽しめるはず。

スタッフ一同、みなさんのいっぽの応援団になることを目指します。

今後とも一層のご指導お引立てを賜りますよう、ひとえにお願い申し上げます。

▶ 東京都狛江市中和泉の小児科 コドモノいっぽクリニック

“小児科診療所 かぜと判別困難で対応苦慮 新型コロナウイルス”として取材をうけました

FireShot Capture 468 - 小児科の診療所でも対応に苦慮|NHK 首都圏のニュース - www3.nhk.or.jp

小児科診療所 かぜと判別困難で対応苦慮 新型コロナウイルス | NHKニュース

小児科の診療所でも対応に苦慮|NHK 首都圏のニュース

ぜひご一読くださいませ。

▶ 新型コロナウイルスに関するお知らせとお願い – お知らせ | 世田谷区二子玉川・上野毛の小児医療施設 みくりキッズくりにっく(小児科,アレルギー科,小児神経内科,児童精神科,リハビリテーション科)

新型コロナウイルスに関するお知らせとお願い

新型コロナウイルスに関する対応のご案内です。

一般診療部門(小児科、アレルギー科)

新型コロナウイルス感染の疑いのある方は、下記の区民電話相談窓口までお問い合わせください。

✔次の①と②の全てにあてはまる方は 「世田谷区帰国者・接触者電話相談センター」までお問い合わせください。

①発熱(37.5度以上)かつ咳などの呼吸器症状がある。

②上記の症状を発症前 2 週間以内に、ABいずれかに該当する。
A.中華人民共和国湖北省あるいは浙江省への渡航歴がある。
B.「中華人民共和国湖北省あるいは浙江省への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器 症状がある人」との接触歴がある。

世田谷区帰国者・接触者電話相談センター 電話 03-5432-2910 (平日8:30~17:15)
※土日休日・平日夜間の相談は⇒東京都帰国者・接触者電話相談センター 03-5320-4592

✔一般的な新型コロナウイルスに関するご相談は 世田谷区新型コロナウイルス相談窓口
電話 03-5432-2111 FAX 03-5432-3022(平日8:30~17:15)

(その他の相談窓口) 厚生労働省 0120-565653(フリーダイヤル・土日休日含む 9:00~21:00)

東 京 都 03-5320-4509(土日休日含む 9:00~21:00)

訪問看護リハビリステーション『七つの海』

利用者とそのご家族に発熱症状がある場合、利用中止とさせていただきます。

医療型特定短期入所『まんまる』

入所時の検温を徹底し、必要に応じてご利用を控えていただくことがあります。

同居家族の発熱がある場合、原則来院をお断りさせていただきます。

発達サポート部門(ハビリテーション外来)、モンテッソーリ ニドクラス、みくりキッズくりにっくの産後ケア『いっぽちゃん』

来院した際の診察を徹底し、医師の判断の下、ご利用を控えていただくことがあります。

同居家族の発熱がある場合、原則来院をお断りさせていただきます。

なお、3月15日までのハビリテーション外来は、当日キャンセルであっても振り替え可能とします。

みくりモンテッソーリこどものいえ『はじめちゃん』、みくりキッズくりにっくの新しいリトミック(0~2歳児クラス)

同居家族の発熱がある場合、原則来院をお断りさせていただきます。

何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

※その他、新型コロナウイルス感染症に関する情報はこちら(新型コロナウイルス感染症に関するQ&A(2020年2月12日現在)|公益社団法人 日本小児科学会 JAPAN PEDIATRIC SOCIETTY)

新型コロナウイルス感染症についてお知らせ

新型コロナウイルス感染の疑いのある方についてご案内です。下記の区民電話相談窓口までお問い合わせください。

何卒よろしくお願いいたします。

【※下記、世田谷区保健所のお知らせを転載します】

区民の皆様の不安を軽減し、まん延をできる限り防止するため、新型コロナウイルス感染症の疑い例に関する相談を受け付ける「世田谷区帰国者・接触者電話相談センター」を設置しています。

1.新型コロナウイルスに関する相談は?(区民電話相談窓口のご案内)

(1) 次の①と②の全てにあてはまる方は 「世田谷区帰国者・接触者電話相談センター」までお問い合わせください。

①発熱(37.5度以上)かつ咳などの呼吸器症状がある。

②上記の症状を発症前 2 週間以内に、ABいずれかに該当する。
A.中華人民共和国湖北省あるいは浙江省への渡航歴がある。
B.「中華人民共和国湖北省あるいは浙江省への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器 症状がある人」との接触歴がある。

世田谷区帰国者・接触者電話相談センター 電話 03-5432-2910 (平日8:30~17:15)
※土日休日・平日夜間の相談は⇒東京都帰国者・接触者電話相談センター 03-5320-4592

◆保健所の助言により医療機関を受診する場合は・・・

〇マスクを着用し、必ず事前に連絡をしましょう。
〇医療機関には、中華人民共和国湖北省あるいは浙江省での滞在歴や、中華人民共和国 湖北省あるいは浙江省に滞在歴がある方との接触があったことを必ず伝えましょう。

(2) 一般的な新型コロナウイルスに関するご相談は 世田谷区新型コロナウイルス相談窓口 電話 03-5432-2111 FAX 03-5432-3022(平日8:30~17:15)

(その他の相談窓口) 厚生労働省 0120-565653(フリーダイヤル・土日休日含む 9:00~21:00)

東 京 都 03-5320-4509(土日休日含む 9:00~21:00)

2.新型コロナウイルスに関連した感染症を予防するには?

国内において、現在、流行が認められている状況ではありません(2 月13日現在)。 新型コロナウイルスに関連した感染症予防は、一般的な感染症(インフルエンザ等)予防 と同じです。咳エチケットや手洗いなどの基本的な感染症対策に努めていただくよう、お願 いいたします。

▶ 新型コロナウイルス感染症に関する世田谷保健所からの重要なお知らせ(令和2年2月14日17時00分更新) | 世田谷区ホームページ

訪問看護・リハビリステーション 七つの海の代表取締役となりました

p_nanatunoumi-side

この度、みくりキッズくりにっく院長の本田 真美が訪問看護・リハビリステーション『七つの海』を運営する琉球マインドの代表取締役社長に就任いたしました。

私が理事長を務める医療法人社団のびた みくりキッズくりにっくは、昨年9月に都内初となる医療ケア児、重症心身障害児を対象とした医療型特定短期入所「まんまる」、11月には狛江市に分院コドモノいっぽクリニックを開院いたしました。

障害のある子もない子も、地域のすべての子どもたちとご家族のために、医療法人社団と弊社の有する資源を最大限活用し、皆様の選択肢のひとつとなれるよう誠心誠意、業務に邁進する所存でございます。

何卒倍旧のお引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

スタッフ一同サービスの向上に鋭意を努めて参る所存でございます。

今後ともご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます。

▶ 訪問看護リハビリステーション『七つの海』

令和2年2月

株式会社 琉球マインド

代表取締役社長 本田 真美

2月11日(祝)「Most Likely to Succeed上映会 @みくりキッズくりにっく」・座談会を開催しました

S__8200229 S__8200235 S__8200237

去る2月11日(祝)に「Most Likely to Succeed上映会 @みくりキッズくりにっく」・座談会を開催しました。

当日は、司会を院長・本田が務め、「これからの時代に必要な学びとは?」という問いかけについてこれまで貴重なご縁をいただきました皆様にパネリストとしてお越しいただきトークセッションを開催しました。

会場は50名の参加者にご来院いただき、とても学びあるディスカッションになったと思います。

ご来場いただいた皆様、有り難う御座いました。

特別座談会 パネリストのみなさま

中邑 賢龍さん
東京大学先端科学技術研究センター 教授

香川大学教育学部助教授、カンザス大学、ウィスコンシン大学客員研究員などを経て、2005年に東京大学先端科学技術研究センター特任教授に就任。08年より同センター人間支援工学分野教授。心理学・工学・教育学・リハビリテーション学だけでなく、デザインや芸術などの学際的・社会活動型アプローチによりバリアフリー社会の実現を目指している。著書に『発達障害の子どもの「ユニークさ」を伸ばすテクノロジー』など。

大熊 雅士さん
東京都小金井市教育委員会 教育長

東京都小金井市教育委員会教育長 公立小学校教諭から区・市の指導主事を経験し、東京都教職員センター統括指導主事になる。その後、東京学芸大学付属世田谷小学校教諭・東京学芸大学教職大学院特命教授を歴任。2014年3月に退職し、NPO法人元気プログラム作成委員会を立ち上げ活動。文部科学省の教育課程編成委員として教育課程の編成に参画。電通の社会貢献活動「広告小学校」共同研究者。特別活動の研究に没頭し、子どもでもできるブレスト、KJ法、ラウンドテーブル、シックスハット、ワールドカフェなどの開発・研究に取り組んでいる。

藤原 さとさん
一般社団法人こたえのない学校 代表理事

民間企業にて海外アライアンス、海外事業立ち上げなどを経験し、仕事をしながら子育てをする中で、「探究する学び」に出会い2014年に一般社団法人こたえのない学校を設立。「良質な探究学習の一般普及」をスローガンに、公立小学校での実施も含めた小学生向けの探究型キャリアプログラム等を実施するほか、学校教育に携わる教師と学校外で教育に携わる多様な大人が出会い、数か月を通してチームで探究プロジェクトを実施する「Learning Creator’s Lab」を主宰。2014年から2017年は米国の教育現場において、実際に公教育の現場に関わるほか、インタビュー・リサーチを行う。

バックナンバー

みくりキッズくりにっくのメールマガジン

『みくりだより』はこちら

みくりキッズくりにっくのメールマガジン

みくりだより

今後、みくりキッズくりにっくの最新情報を漏らさずチェックすることができます

gahag-0096014428