TOP

みくりNEWS

みくりエイティブのクリスマスイベントとしてプロジェクションマッピングのワークショップを行いました。

img01

クリスマスオーナメントを作り、映像のクリスマスツリーに飾り付け!
トランポリンを跳ねると映像が変化し、雪の結晶が大きくなったり、雪がたくさん降ってきたり、最後にはMerry Christmas!!の文字が出てきます。

img02
トランポリンが大好きな子ども達。ただ跳ぶ楽しみだけでなく、跳ぶと変化する映像を楽しんだり、ワークショップで初めて会った子ども同士で一緒に跳んだり…うまく跳べない子には跳べる子が一緒に跳んであげたりしていました。
img03

障害がある子もない子も同じ活動を同じように楽しみ、プロジェクションマッピングの力を借りていつも以上に楽しいトランポリン体験ができたワークショップになりました!

狛江市緑野小学校特別支援教室で講演しました。

img01

緑野小学校での講演は今年で5回目。今回はみくりで昨年1年間かけて実施した「広告スキルをつかったソーシャルスキルトレーニング」についてです。
デザインワークを実際に先生方にもやっていただき、正解のない課題への取り組み方、支援の仕方について先生方と一緒に学びました。

img02

日本小児診療多職種研究会に参加、発表してきました。

img01

11月23日から25日までの休診はご迷惑をおかけいたしました。
福岡県北九州市で行われた第7回日本小児診療多職種研究会でみくりスタッフが10演題を発表してきました。
クリニックの診療の質の高さを参加者の皆さんから、たくさんお褒めいただきました。
スタッフ一同、学び多い2日間でした。今後も皆様に満足される診療を心がけて参ります。
よろしくお願い申し上げます。

img02

1才2才のひよこクラブ2019冬春号

main

1才2才のひよこクラブ2019年冬春号
子どもの力を伸ばすおもちゃ特集を監修しました。

おもちゃコーディネーターの資格をもつ院長本田が1才2才のひよこクラブ2019年冬春号の特集、
「子どもの力を伸ばすおもちゃ28選」を監修しました。

クリスマスオーナメントを作ってプロジェクションマッピング

img01

みくりにプロジェクションマッピングがやってくる。
作ったオ ー ナメントが光ったり、 数が増えたり、 音が出たり、
デジタルア ートの力を借りて初開催!

STEP1 オ ー ナメントを作ります。
STEP2 取り込みます。
STEP3 飛んだり跳ねてもらいます。

あとは何が起きるかは参加してからのお楽しみ。

日時:12月2日(日) 10時30分から12時30分
場所:みくりキッズくりにつく A棟2階
定員:6組(親子参加歓迎)
参加費:子供1人500円
*当日はA棟2階に直接お集まりください。
*当日テレビ取材が入ります。 取材や放映のご理解をお願いします。
> チラシのデータ(PDF)はこちら


講師:吉岡純希(よしおかじゅんき)
看護師/ Medical Design Engineer
(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程/SFC研究所所員)。
1989年、札幌市生まれ。集中治療室や在宅での看護師の臨床経験をもとに、テクノロジ の医療現場への応用に取り組む。2014年より病院でのデジタルアート「Digital Hospital Art」をスタートし、 患者・医療スタッフとともに病院でのプロジェクションマッピングや、身体可動性に合わせたデジタルアートを制作・実施。また、慶應義塾大学にて看護と3Dプリンタに関する研究「FabNurseプロジェクト」に関わっている。

バックナンバー