TOP

みくりNEWS

【プレ体験会】みくりキッズくりにっくのリトミック教室 0~2歳児音楽クラス

cover-2oBVJ9U4RYzqIckNHffBpmaWFwqK98pX

小児専門医療施設のみくりキッズくりにっくが取り組む、新しいリトミック(0~2歳児を対象とした音楽クラス)のご案内です。音楽療法士・医学博士の資格を持つ講師が、医療的な視点をもって、音楽活動によって得られる効果がその場限りでなく普段の生活につながるようなクラスを目指します。

グループ指導クラスでは、同世代の子ども同士のコミュニケーションを引き出して社会性の発達を促します。個別指導クラスでは、その子に合わせたそれぞれに引き出してあげるべき才能を伸ばすべく、その子らしい目標を設定して丁寧な成長・発達のサポートを心掛けています。

この度、今年7月より定期的な開催を予定しているみくりキッズくりにっくのリトミック教室(0~2歳児音楽クラス)のプレ体験会を実施いたします。ご興味のある方はぜひお申し込みいただき、ご参加ください。

〇企画内容

【日時】2019年6月30日(日) 10時00分~12時00分(9時50分開場)
※時間中の入退室は自由です

【場所】みくりキッズくりにっく 世田谷区上野毛 2-22-14 A棟2F
(階段下のインターフォンでお呼びください)

【参加費】

• 無料(予約チケットをお申し込みください)

【定員】先着8名

お申し込みはこちら

〇コンセプト

○歌いかけ
お母さんが赤ちゃん、お子様を抱っこして、アイコンタクトをとりながらボディタッチしながら歌いかけることによって、コミュニケーション能力を養います。
○身体活動
身体部位の確認を行い、音楽のリズムを感じて運動を促します。
○楽器活動
スズ、マラカス、ドラムを使用して両手協調動作を促し、粗大動作をともなった楽器活動を行います。そして、聴覚からだけではなく、楽器の振動や触覚を感じることによって音楽を幅ひろく楽しみ、感性を養います。
○発声
歌うことによって発声を促し、言語発達を促します。言語はすべての学習活動を促進する重要な能力です。言語能力の発達を出生後から促進することは重要です。

テレビなどの一方的な働きかけではなく、お母さんや他のいろいろなお友達と一緒に音楽をやることによって、その場でのやり取りがコミュニケーション能力の促進、社会性を促進します。また、お母さんや他者のボディタッチはお子さんの学習能力を高めるということが脳波を使用した研究で科学的に証明されています。
音楽を使った活動をいろいろな感覚刺激を用いて母子で一緒にやることによって、運動・言語・認知発達を促すと考えられます。そして、家庭においても母子,父子で一緒にやることで、さらに発達が促進すると考えられます。


小児専門医療施設であるみくりキッズくりにっくが取り組む、新しいリトミックのかたちをぜひ体験してください。お申し込み、お待ちしております。

お申し込みはこちら

【7/6(土)開催】世田谷区上野毛地区在住の方向け講演会『正しく知って おいしく食べよう! 子どもの食物アレルギー』のご案内

黒板風ポスター

食物アレルギーは本来無害なはずの食物によって様々な症状が引き起こされます。食べることを必要以上に怖がらなくても済むように、おいしく食べられるように、そしてもし症状が起きた時に適切に対応できるように食物アレルギーを正しく理解しましょう!

●会場:上野毛地区会館大会議室(上野毛まちづくりセンター地下一階)大井町線上野毛駅下車徒歩5分

●定員・参加費:先着20家族・一家族200円

●参加条件:就学前(0~6歳)のお子様がいる上野毛周辺在住の方

講師:みくりキッズくりにっく 看護師長・小児アレルギーエデュケーター 吉野 友美

●お申し込み(社会福祉協議会上野毛地区事務局):070-3946-9799

【第三期】前向き子育て法 ステッピングストーンズ トリプルPのご案内

トリプルPリーフレット

トリプルP前向き子育てプログラムとは科学的な研究を重ねた家族支援のプログラムであり、親の子育て力を向上させ、子どもと前向きな関係を築くことを支援するグループペアレントトレーニングです。

Triple P – 前向き子育てプログラム・公認日本ページ

スケジュール

●第1回:2019/07/06(土)14:00〜16:30

●第2回:2019/07/13(土) 14:00〜16:30

●第3回:2019/07/20(土) 14:00〜16:30

●第4回:2019/07/27(土)14:00〜16:30

●第5回:2019/08/03(土) 14:00〜16:30

●第6~8回:2019/08/17,08/24,08/31(土) ※時間調整の上、御連絡差し上げます

●第9回:2019/09/07(土) 14:00〜16:30

お申し込みはこちら

こんな方におすすめです

○子どもに生活を振り回されている気がする

○子どもがかんしゃくを起こしたり感情的になったりしたときの対応に困っている

○子どもの友人関係に悩んでいる

○子どもとどう接したらいいか悩んでいる

○仕事と子育ての両立が難しい

○社会から孤立しているような寂しさを感じることがある

○子どもの問題行動にどう対処すべきか分からない

お子さまがなかなか言うことを聞いてくれない、うまくしつけられない、つい叱ってばかりになって自分も疲れてしまうなど子育てにお困りの時やお子さまとのより前向きな関係を目指して子育てをされたいとお考えの時にご利用下さい。発達障害のあるお子さまの子育てにも大変有効です。お申し込み、お待ちしております。

お申し込みはこちら

※このお申し込みは、ご予約を確定するものではございません。
※ご予約の成否は、改めて当方よりご連絡させていただきます。
※混雑状況などにより、ご連絡に時間がかかる場合がございます。

第61回日本小児神経学会学術集会に出席・発表してきました

S__7274510

名古屋で2019年5月30日(木)〜6月2日(日)に開催された第61回日本小児神経学会学術集会に出席・発表してきました。

日本小児神経学会学術集会

Child Neuro 2019 in Nagoya │ 第61回日本小児神経学会学術集会 │ The 20th Annual Meeting of Infantile Seizure Society

S__7274507

S__7274511

副院長の岡田は「仙骨部皮膚陥没凹を認めた100症例における後方視的検討」院長本田は「小児科クリニックにおける発達障害児診療の役割」を発表しました。

小児神経学は“脳と発達”の科学で、“こどものこころとからだの発達に寄り添う”医療を担っています。新生児から成育医療までの発達支援から重症児支援、脳生理学、神経薬理学と小児科領域の中でも守備範囲はとても広く、多職種との連携が必要です。小児神経学は“多様性が支える”医療です。

今回の日本小児神経学会学術集会では「多様性が支える小児神経学」をテーマに掲げていました。当院でも多様な患者さん・ご家族、そして多様な職能を持つ専門スタッフによる支援を実践しています。これからも、地域に根差したクリニックとしての役割を全うしたいと思います。

2019.06.06.開催【保育士のてあそび&小児科医のおてての話】みくりキッズくりにっくの産後ケア いっぽちゃんのご案内

「自宅でひとりぼっちで子育てを続けていくことに疲れてきちゃって…」
「産後・子育て中に、同じ境遇の人たちや、専門家の人たちとお話してみたい」
「卒乳・断乳・職場復帰などの相談がしたいのだけれど…」
「予防接種の不安、副作用についてが心配…」
「赤ちゃんの吸い方、母乳が足りているか、ミルクの量が十分なのかが不安…」
「乳房、乳頭の痛みやトラブルが心配…」

そんなお悩み・ニーズをもつ産後のお母さん、子育て中の親御さんに参加してほしいイベントです。みくりキッズくりにっくは、世田谷区二子玉川・上野毛の小児専門医療施設です。乳幼児健診・予防接種、発達障害など…子どもの成長・発達と子育てを、医療・デザイン・教育の枠を超えてサポートします。

お申し込みはこちら ※当日参加もOKです【毎週木曜日10時~16時(祝休日はお休みです)に通常のいっぽちゃんも開催しております】

〇企画内容

baby-2981946_1920

童謡やわらべうたを使った触れ合いあそびの紹介をします。赤ちゃんとママと一緒に楽しくあそびましょう。
触れ合いあそびの後は、小児科医によるおてての話をします。

お申し込みはこちら ※当日参加もOKです【毎週木曜日10時~16時(祝休日はお休みです)に通常のいっぽちゃんも開催しております】

【日時】2019年6月6日(木) 11時30分~13時00分(10時00分開場)
※時間中の入退室は自由です

【場所】みくりキッズくりにっく 世田谷区上野毛 2-22-14 A棟2F
(階段下のインターフォンでお呼びください)

【参加費】

いっぽちゃん無料PR

• いっぽちゃん 予約チケット ¥3,000
※お申し込み後のキャンセル、及び返金はお受けいたしかねます。ご了承ください。

お申し込みはこちら ※当日参加もOKです【毎週木曜日10時~16時(祝休日はお休みです)に通常のいっぽちゃんも開催しております】

【持ち物】

お越しの際には、下記の持ち物が必要となります。

□オムツ/お尻拭き
□母子手帳/保険証/乳児医療証(ある方)
□お子さんの着替え
□普段授乳時に使用しているもの/授乳しやすい服装をオススメします

●授乳クッション/赤ちゃん布団/哺乳瓶消毒は用意しています
●入室は女性の方に限らせていただきます
●飲食持ち込み可
●オムツは捨てられます
●粉ミルクのご用意はありません

【定員】5名

■髙橋 朝子 (おもちゃコーディネーター/おもちゃコンサルタント、保育士、幼稚園教諭一種免許状、病児保育専門士 )

私立幼稚園、病児保育室、 重症児の療育にこれまで携わってまいりました。
手あそび歌や絵本、みなさんと一緒に遊べることが楽しみです

■丸山 友紀(日本小児科学会専門医、日本血液学会専門医)

お腹の中で大切に大切に 赤ちゃんを育ててきたママへ。
ここから先は、肌で触れられる存在。
今の赤ちゃんの鼓動は 「トコントコン」くらい。
きっとママも同じくらいドキドキすることもあるでしょう。
『のむ、ねる、わらう』 楽しく生きていく技を、 いろんな視点からお伝えします。

お申し込みはこちら ※当日参加もOKです【毎週木曜日10時~16時(祝休日はお休みです)に通常のいっぽちゃんも開催しております】

〇みくりキッズくりにっくの産後ケア いっぽちゃん【毎週木曜日10時~16時(祝休日はお休みです)】

みくりキッズくりにっくには、たくさんのプロフェッショナルがいます。赤ちゃんのおっぱいのプロ・お世話のプロ・子育てのプロ・遊びのプロ・病気のプロ・栄養のプロ。
そんなプロフェッショナルたちの願いはママが赤ちゃんを胸に抱いたその日から、ママと赤ちゃんのはじめの「いっぽ」に「ちゃんと」向き合いたい。
「いっぽちゃん」はクリニックの診察室ではありません。悩み事があっても、なくても、心配事があっても、なくても…
よかったら、少しだけ一息付ける場所に来てみてはいかがでしょうか。
生後6か月までの赤ちゃんとママがゆっくりと安心した時間を過ごせるクリニックの「えんがわ」です。
さまざまなプロフェッショナルたちが、ママたちと一緒にお茶を飲みながらゆっくりお話しできることを楽しみに、お待ちしています。

みくりキッズくりにっくの産後ケア │ いっぽちゃん

バックナンバー

みくりキッズくりにっくのメールマガジン

『みくりだより』はこちら

みくりキッズくりにっくのメールマガジン

みくりだより

今後、みくりキッズくりにっくの最新情報を漏らさずチェックすることができます

gahag-0096014428