TOP

みくりNEWS

バックナンバー:2016年10月

11月23日(祝・水)小児科医がこっそり教える、 新米ママが小児科マスター・ママになる講座開催!

新米ママが小児科マスター・ママになる講座熱が出たらどうすればいいの?
この湿疹大丈夫?
これって受診した方がいいの?
診察室ってなんとなく緊張しちゃう…

そんな新米ママたちに、
子どもの病気や怪我の基礎知識、小児科との上手な付き合い方などなど
みくり院長本田がこっそり教えます。
これを聞けば、あなたも明日から小児科マスターママ!


日時:11月23日(祝・水)13時半から
場所:みくりキッズくりにつく B棟2階
定員:3o名(親子参加歓迎)
ご予約:みくりキッズくりにっく受付窓口 またはメールにて→ hondyee@micri.jp

ヨガ教室vol.2 11/23(祝・水)開催!!

第2回 みくりヨガを開催いたします。

ゆっくり深呼吸して体のすみずみまでほぐしてください。
当日は看護師も待機するので、ぽれぽれの親御さんも安心して参加して下さい。

初心者の方も男性も参加お待ちしています。


日時:11月23日(祝・水)10時20分から12時
場所:みくりキッズくりにつく B棟2階
*開始時間の15分前までにお越しください。
参加費:2,000円(親子3,000円、2年生以上)
定員:12名
ご予約:みくりキッズくりにっく受付窓口 またはメールにて→ hondyee@micri.jp
持ち物:動きやすい服(動きやすい服装で着ていただいても大丈夫です)
ヨガマットかマットがわりのバスタオル・飲みもの

モンテッソーリプログラムがスタート!

モンテッソーリプログラム

準備中だったモンテッソーリプログラムが10/24にスタートいたしました!
AMIの資格を持ったモンテッソーリ教師が指導するモンテッソーリ教具を使った発達支援プログラムです。

 

モンテッソーリ教育とは、1907年、マリア・モンテッソーリが障害児の治療教育で一通りの成果を挙げた感覚教育法を、ローマの貧困家庭の子供たちに応用し、知能向上で著しい結果を得、さらに研究を進め、知的・発達障害者教育の先駆者エドワード・セガン医師に学び、さらに、生理学、精神医学の研究にも没頭したのちに確立した独自の幼児教育法です。
また、近年では認知症へのリハビリテーションプログラムとして取り入れられ、認知症の方に保たれている能力を引き出すアクティビティーの1つとしても注目を浴びています。

また、2015年からアメリカ サンディエゴ・AMIトレーニングセンターにて、発達上に援助が必要な子どもたちをモンテッソーリ教育的アプローチでどのように援助するかのAMIのコースも始まっております。

 

みくりキッズくりにっくでもこのモンテッソーリ教育理論を取り入れた発達支援のグループプログラムをスタート致しました。モンテッソーリ教師、臨床心理士、作業療法士、看護師がそれぞれの専門分野の視点から総合的に発達を支援するプログラムです。2~3歳児の個々の能力向上や身辺自立、集団への適応力、母子分離などを目的としています。また保護者間の交流・情報交換の場としても活用いただけます。

 

【主な活動内容】
モンテッソーリ活動、お集まり、運動療法、保護者向けプログラム、など

モンテッソーリプログラム
集団療法室に設置されたモンテッソーリ環境

バックナンバー