TOP

みくりNEWS

カテゴリー:本田真美ブログ/イルカセラピー

みくりでのイルカセラピーキャンプを開催しました。

02

小学校5年のときに、NHKで初めてみた自閉症の子のイルカセラピーの衝撃が忘れられず…小児科医を目指しました。

色々な方々との出会いに恵まれ…開院3年目にして、ついに、みくりでのイルカセラピーキャンプを、日本財団さんからの助成をいただき、開催しました(・∀・)

今回はみくりに普段からかかってくれている3家族とともに…

日本ではtherapyという言葉が簡単に使われがちですが…欧米では動物介在療法(therapy)と動物介在活動(activity)はキチンと区別されています。
セラピーとは「療法」であって、患者さんの疾病や障害に対して、医療の専門家(医者や看護師やリハビリスタッフなど)がきちんと評価をし、目標を設定して、プログラムを組み立て、その内容のフィードバックをすることが必要です。
研修医時代に、フロリダのDolphin Research Center でその真髄を学び…1995年から一緒にDATをやってきた沖縄のイルカメンバーたちと、ついに!みくりスタッフとコラボです。

01

参加者のひとり、2歳の頃から診させて頂いている8歳のケンちゃんは24時間酸素、夜間呼吸器のため、今回が生まれて初めての飛行機✈️、生まれて初めての家族旅行。そんな貴重な瞬間をスタッフとともに共有させていただけて本当にシアワセでした。
障害をもつ子どもたちは、どうしても親御さんとの距離が色々な意味で近くなってしまうように思います。近くならざるを得ないのかもしれません。
医療スタッフや他のご家族との沖縄、イルカという非日常の3日間は子どもたちにとっても、きょうだい、ご家族にとっても新しい気づきと大きなチャレンジがいっぱいでした。

沖縄イルカセラピーキャンプに向けての現地研修

01

沖縄講演に合わせて…みくりのスタッフたちも今年秋開催予定の沖縄イルカセラピーキャンプに向けて現地研修してきました

医師、看護師、作業療法士5名と、我が家の長男と長女も連れて…イルカプログラムを体験!

みんなイルカは初体験でしたが、セラピーとしての動線やプログラムの組み立て方など勉強してきました。

02

なによりも、みーんなが笑顔笑顔笑顔

これこそ、沖縄とイルカたちのチカラ

開院での忙しい日々、支えてくれているスタッフ孝行?も少しはできたかな…( ´ ▽ ` )ノ

03

イルカキャンプは、イルカとの触れ合い以外も、与那国馬やヤギ、カメたちとも出会えます

みくりのお隣の訪問看護、リハビリステーション『七つの海』児童デイサービス『琉りゅう』を運営する琉球リハビリテーション学院は、現地でも児童デイサービス『ぎんばるの海』を併設しています。そこではSUPやヨット、釣りなど…東京では考えられないプログラムメニューばかり!羨ましい~。

バックナンバー