TOP

みくりNEWS

カテゴリー:みくりエイティブ/イベントレポート

あきんぼ。 今年も盛り上がりました!

carry01
9月17日、昨年ご好評頂いた第2弾。遠い佐賀県からカレーのあきんぼさんが、再びみくりをジャック!
当日は1歳から14歳まで総勢12名の子どもたちとご家族が参加してくれました。
午前中は、みくり2階の運動療法室でトランポリンの色々な飛び方を考えて披露。そのあとはボルダリング、トランポリン、ジャンボブロック、スイング、平均台などなどを子どもたちが知恵を出し合ってオリジナルで組み合わせたサーキット作り。ルールを決めて、発表して、いざ!チャレンジ!

carry03

たくさん笑って、汗かいて、、、かーらーの。
お待ちかねの。
あきんぼカレー🍛🍛🍛

carry02
野菜の味がそのままなのに、野菜以上の旨味!何とも旨くて、何ともたまらない!
昨年同様、普段、野菜を食べない子どもたちもパクパクパクパク…
驚くパパとママ。
子どもの感覚は本当に不思議で、正直です。

来年の再開催を改めてお願いし、興奮と大盛況でお開きとなりました。
今年、参加出来なかった皆様も、来年は是非お待ちしております!

ソーシャルスキルトレーニング「楽しいを売る会社」報告

01

友だちとコミュニケーションをとったり、自分の気持ちを表現することが得意でない、小学校高学年の子どもたちを対象に、発達部門では1年間通したソーシャルスキルトレーニンググループ指導をおこなっています。

一般的にSSTプログラムはロールプレイングやディベート、ディスカッションなど様々な手法を用いながら進めていきますが、みくりで昨年おこなったSSTプログラムは、「みくり」らしく…「楽しい」「相手を喜ばせる」をテーマに進めていきました。その際に用いたのが広告というスキルです。

高学年の男の子たち8名が、心理士、言語聴覚士などハビリテーションスタッフの導きのもと「楽しいを売る会社」を設立し、会社ロゴや自分の名刺をデザインしたり、商品開発までを1年間かけておこないました。そしてプログラムの中で様々な発想や考え方を学び、相手の意見を尊重しながらも自分の意見をキチンとプレゼンテーションする力を学びました。

02

最終課題は「誰かを喜ばせるパン」の商品開発。
様々な意見や発想が飛び交い、スタッフたちも子どもたちのクリエイティブ力に毎回驚かされました。
そして、そして、開院以来一緒にお隣で歩み続けてくれている、カフェU8のパン職人さんの多大なご協力のもと、実際に商品化までさせていただきました。

今後も他では真似できない様々な面白いプログラムを提供していきます!

03

イベントレポート/だれでもデザイナーになれる!「自分をうりこむ名前デザインを作ろう」

02

「だれでもデザイナーになれる」ワークショップ、たくさんの名前デザインが出来上がりました。ちょっとアイデアを入れるだけでオリジナルのデザインが出来上がります。

みなさま参加ありがとうございました!「デザイナーになりたくなっちゃた」と言ってくれたなほちゃん、立派なデザイナーになってね!

01

みくりスマス パーティ開催しました!

01

毎年恒例の(といっても、2回目…)みくりスマスパーティを開催しました。
当日は15名の子どもたちとご家族が参加してくださり、キャンドル作り、手足を型どったトナカイ作り、そしてクリニックのガラスをXmas用にデコレーションしてもらいました(*゚▽゚)ノ

みんなの個性光る、センスよく飾られたクリニックへ遊びに来てください。
待合室のツリーの飾り付けは、Xmasの日までやっています!

02

↓参加の皆様から嬉しい感想をいただきました。

子どももとても楽しんでいました。私も一緒に作れて楽しい時間でした。また参加したいです。

子どものニコニコ笑顔で嬉しくなりました。来年も参加しまーす!

病気のあるなしに関わらず交流の場があり嬉しい限りです。

お子さんたちの個性が生かせる活動で、参加してとてもよかったです。

先生方、スタッフの方々とたくさんお話出来て楽しかったです。診察とは違ってクリニックを身近に感じることが出来ました!

また楽しい企画を楽しみにしています。病院としてだけではなく地域のことも考えてくれている企画素敵です。

地下の子も上の階の子もみんな一緒に参加できて、とてもよかったです。

いつもセンスよく参加しやすい企画ばかりで有難いです。

ツリーをつくったり、ガラスに絵を書いたり、経験出来ないことをさせていただき、娘もとても楽しそうでした!

色々な子たちが参加していて、とても刺激になりました。

母と娘の素敵な月経を迎える ココロとカラダの準備教室レポート

01

母と娘の素敵な月経を迎える ココロとカラダの準備教室が開催されました。
月経のこと、心身のこと将来女の子が大人になっていく道で、お母様と話しやすい土壌を育むためのワークショップです。
以下、参加者からの感想です。

『私は今日の話を聞く前は 生理はヤだなぁと思っていたけど、話を聞いてイヤなものじゃなく子どものための大切なことなんだと安心しました。』

『今日お話しを聞いてくわしく知れてよかったです。赤ちゃんが生まれてから生まれた後の話も聞けてとても良かったです。』

『親子で聞く機会、話す機会がなく上手く説明できるか不安だったので、とてもためになりました。』

『娘と二人で女性について向き合う素敵な機会をありがとうございました。男の子セミナーも是非開催して欲しいです。』

とても有意義なワークショップになりました。

02

バックナンバー