TOP

みくりNEWS

カテゴリー:みくりエイティブ/イベントレポート

イベントレポート/だれでもデザイナーになれる!「自分をうりこむ名前デザインを作ろう」

02

「だれでもデザイナーになれる」ワークショップ、たくさんの名前デザインが出来上がりました。ちょっとアイデアを入れるだけでオリジナルのデザインが出来上がります。

みなさま参加ありがとうございました!「デザイナーになりたくなっちゃた」と言ってくれたなほちゃん、立派なデザイナーになってね!

01

みくりスマス パーティ開催しました!

01

毎年恒例の(といっても、2回目…)みくりスマスパーティを開催しました。
当日は15名の子どもたちとご家族が参加してくださり、キャンドル作り、手足を型どったトナカイ作り、そしてクリニックのガラスをXmas用にデコレーションしてもらいました(*゚▽゚)ノ

みんなの個性光る、センスよく飾られたクリニックへ遊びに来てください。
待合室のツリーの飾り付けは、Xmasの日までやっています!

02

↓参加の皆様から嬉しい感想をいただきました。

子どももとても楽しんでいました。私も一緒に作れて楽しい時間でした。また参加したいです。

子どものニコニコ笑顔で嬉しくなりました。来年も参加しまーす!

病気のあるなしに関わらず交流の場があり嬉しい限りです。

お子さんたちの個性が生かせる活動で、参加してとてもよかったです。

先生方、スタッフの方々とたくさんお話出来て楽しかったです。診察とは違ってクリニックを身近に感じることが出来ました!

また楽しい企画を楽しみにしています。病院としてだけではなく地域のことも考えてくれている企画素敵です。

地下の子も上の階の子もみんな一緒に参加できて、とてもよかったです。

いつもセンスよく参加しやすい企画ばかりで有難いです。

ツリーをつくったり、ガラスに絵を書いたり、経験出来ないことをさせていただき、娘もとても楽しそうでした!

色々な子たちが参加していて、とても刺激になりました。

母と娘の素敵な月経を迎える ココロとカラダの準備教室レポート

01

母と娘の素敵な月経を迎える ココロとカラダの準備教室が開催されました。
月経のこと、心身のこと将来女の子が大人になっていく道で、お母様と話しやすい土壌を育むためのワークショップです。
以下、参加者からの感想です。

『私は今日の話を聞く前は 生理はヤだなぁと思っていたけど、話を聞いてイヤなものじゃなく子どものための大切なことなんだと安心しました。』

『今日お話しを聞いてくわしく知れてよかったです。赤ちゃんが生まれてから生まれた後の話も聞けてとても良かったです。』

『親子で聞く機会、話す機会がなく上手く説明できるか不安だったので、とてもためになりました。』

『娘と二人で女性について向き合う素敵な機会をありがとうございました。男の子セミナーも是非開催して欲しいです。』

とても有意義なワークショップになりました。

02

親子でつくるアイシングクッキーレポート

01

8月26日にみくりえぃてぃぶワークショップ~親子でつくるアイシングクッキー~開催しました。
5歳から9歳まで8人の子どもたちとお父さんお母さんが参加して、自分たちでデザイン、イメージしたオリジナルアイスクリームを作りました!
夏休みのステキな思い出ができました!

02

みくりスマスパーティー2016 レポート

161224_01

『みんなで作ろう みくりスマスパーティ』with 電通総研 アクティブラーニングこんなのどうだろう研究所&神奈川県立元石川高校の女子高生👧

高校のアントレプレナーシップ企画とのコラボです。
アントレプレナーシップとは…起業家や新しいことを始める人たちのあり方を様々な体験から学ぶことで社会における自分のあり方や困難に対峙する“生きる力”のこと。

みくり からのお題は…
子どもも大人も。障害のある子もない子も。みんなが楽しめるクリスマスパーティを地域に新しく出来た小児科クリニックで開催すること。
子どもたちにとって、クリニックが怖い場所ではなく、いつでも来たい場所になるように工夫すること。

そんなお題に、現役女子高生たちが出した答えは…

クリスマスの靴下で子どもたちの感謝の気持ちを伝えるワークショップ(^-^)
カラフルなオリジナル靴下を作り…その中に感謝の気持ちのメッセージを書いてもらい…
それを読んだみくりサンタがプレゼントをいれてくれる

というもの。

161224_02

みーんな。色々選んで、塗って、貼って、切って、書いて…
出来上がり!最高のハニカミ笑顔で発表して飾りつけしてくれました。
最後に高校のお姉さんたちと一緒にクリスマスソングを楽器で演奏し合唱。。

楽しい楽しいみくりスマスパーティでした!

12

バックナンバー