TOP

みくりNEWS

カテゴリー:みくりエイティブ

12/23(日)みくりスマスTシャツ作り(好きなポケットをつけよう)

img01
みくりスマスTシャツ作り
好きなポケットをつけよう

みくりで Tシャツ作り!
好きなポケットを好きな数、 好きな場所に縫いつけて
オリジナルのTシャツを作ろう。
25日以降にポケットにみくりサンタからプレゼントが!

① ポケットを作る
② どこにつけるか選ぶ
③ ポケットを T シャツに縫いつける

※好きな布を持ってきてください。
その布をポケットの形に作ってもらい好きな場所にミシンで縫い付けます。
ポケット作りは親子で作り、 ミシンはスタッフと 一緒に作業します。
※あらかじめポケットはこちらでも用意しておきます。


日時:12月23日(日)10時半から12時
場 所:みくりキッズくりにつく A棟2階
定 員:7名(親子参加歓迎)
参加費:1500円(Tシャツ代込み)
別紙から色とサイズをお選びください。
濃いモノクロがオススメです)受付にてお支払いください。
持ち物:ポケット用の布、 裁縫用のハサミ(お持ちの方のみ)
ご予約:みくりキッズくりにっく受付窓口 またはメールにて→ hondyee@micri.jp
>> チラシのPDFはコチラ

img02
講師:本田琉碧(ほんだりゆうあ)中学3年生
中学2年生時に独学で洋服作りを始め、手縫いやミシンを駆使しながら、パタ ンも作る。
中学3年秋にミシン部を有志で発足させ、学園祭でオリジナルポケットTシャツを企画販売し、予定枚数を完売させる、その時に作ったポケットの数は250枚、中にはいくつもの生地を組み合わせた手の込んだものも用意し来場者を楽しませた。

12 月16日(日)開催!1・2歳児向け モンテッソーリの子育て 知っておきたい3つのポイント

img01
1・2歳児向け
モンテッソーリの子育て 知っておきたい3つのポイント

1・2歳のお子様がいらっしゃる保護者様向けに、モンテッソーリ教育を取り入れた子育て法についてお話しいたします。

モンテッソーリ教育では生まれてからの3年間の過ごし方が、人格形成に大きな影響を与えると考えています。この時期に 【自分はできる!】 という自己信頼感を育てることが重要です。そのために周りの大人たちがどうやって環境を整え援助することができるのかを、3つのポイントからお話ししたいと思います。


日時:12 月16日(日)10:30~12:00
場所: みくりキッズくりにっく A 棟 2 階
対象:
1・2 歳のお子様がいる保護者の方(定員20名)
※託児はございません。予めご了承ください。
参加費:1,000 円 ※受付にて事前申し込み時にお支払い下さい。
【担当】 国際モンテッソーリ協会認定 0-6 歳教師 池角深雪
>PDFのチラシはこちら

2019 年春 みくり・モンテッソーリ 2 歳児クラス開講!!
1 月よりプレクラス開始予定!

みくりエイティブのクリスマスイベントとしてプロジェクションマッピングのワークショップを行いました。

img01

クリスマスオーナメントを作り、映像のクリスマスツリーに飾り付け!
トランポリンを跳ねると映像が変化し、雪の結晶が大きくなったり、雪がたくさん降ってきたり、最後にはMerry Christmas!!の文字が出てきます。

img02
トランポリンが大好きな子ども達。ただ跳ぶ楽しみだけでなく、跳ぶと変化する映像を楽しんだり、ワークショップで初めて会った子ども同士で一緒に跳んだり…うまく跳べない子には跳べる子が一緒に跳んであげたりしていました。
img03

障害がある子もない子も同じ活動を同じように楽しみ、プロジェクションマッピングの力を借りていつも以上に楽しいトランポリン体験ができたワークショップになりました!

クリスマスオーナメントを作ってプロジェクションマッピング

img01

みくりにプロジェクションマッピングがやってくる。
作ったオ ー ナメントが光ったり、 数が増えたり、 音が出たり、
デジタルア ートの力を借りて初開催!

STEP1 オ ー ナメントを作ります。
STEP2 取り込みます。
STEP3 飛んだり跳ねてもらいます。

あとは何が起きるかは参加してからのお楽しみ。

日時:12月2日(日) 10時30分から12時30分
場所:みくりキッズくりにつく A棟2階
定員:6組(親子参加歓迎)
参加費:子供1人500円
*当日はA棟2階に直接お集まりください。
*当日テレビ取材が入ります。 取材や放映のご理解をお願いします。
> チラシのデータ(PDF)はこちら


講師:吉岡純希(よしおかじゅんき)
看護師/ Medical Design Engineer
(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程/SFC研究所所員)。
1989年、札幌市生まれ。集中治療室や在宅での看護師の臨床経験をもとに、テクノロジ の医療現場への応用に取り組む。2014年より病院でのデジタルアート「Digital Hospital Art」をスタートし、 患者・医療スタッフとともに病院でのプロジェクションマッピングや、身体可動性に合わせたデジタルアートを制作・実施。また、慶應義塾大学にて看護と3Dプリンタに関する研究「FabNurseプロジェクト」に関わっている。

あきんぼ。 今年も盛り上がりました!

carry01
9月17日、昨年ご好評頂いた第2弾。遠い佐賀県からカレーのあきんぼさんが、再びみくりをジャック!
当日は1歳から14歳まで総勢12名の子どもたちとご家族が参加してくれました。
午前中は、みくり2階の運動療法室でトランポリンの色々な飛び方を考えて披露。そのあとはボルダリング、トランポリン、ジャンボブロック、スイング、平均台などなどを子どもたちが知恵を出し合ってオリジナルで組み合わせたサーキット作り。ルールを決めて、発表して、いざ!チャレンジ!

carry03

たくさん笑って、汗かいて、、、かーらーの。
お待ちかねの。
あきんぼカレー🍛🍛🍛

carry02
野菜の味がそのままなのに、野菜以上の旨味!何とも旨くて、何ともたまらない!
昨年同様、普段、野菜を食べない子どもたちもパクパクパクパク…
驚くパパとママ。
子どもの感覚は本当に不思議で、正直です。

来年の再開催を改めてお願いし、興奮と大盛況でお開きとなりました。
今年、参加出来なかった皆様も、来年は是非お待ちしております!

バックナンバー