TOP

みくりNEWS

みくりエイティブワークショップ「佐渡島の伝統のお菓子おこし型を作ろう」報告レポート

S__3342339

みくりエイティブワークショップ「佐渡島の伝統のお菓子おこし型を作ろう」のご報告です。

「おこし型」は奈良時代から続く伝統のおかし作り、本来はおひな祭りに作るのが習わしですが、みくりでは女の子も男の子も関係なく5と3の数字のつく5月3日に開催しました。講師は佐渡の若き農業家の須田さん、農業のかたわら佐渡の良さを日本中に広げたいと飛び回っていて、今回もその一環です。須田家に代々受け継がれている「おこし型」は七十年前のものもあり、その繊細さはそれだけで芸術品。

参加した親子も上新粉をこね、色をつけし型に押し込み、創意工夫で粘土遊びのようにオリジナルの形にしていきます。蒸しあがったお餅を口いっぱいに頬張り美味しそうに食べてくれました。佐渡の文化に触れるのも目的ですが、自らの手を動かし工夫し完成させる達成感を味わってもらうのも大きな目的です。参加してくださった皆さまありがとうございました。

S__3342341

 

S__3342343

S__3342344

S__3342345

S__3342346

S__3342347

6月の発達・小児神経外来(専門外来)初診 & ぽれぽれ予約

これまで当院は、お電話での先着順予約によって発達・小児神経外来の予約受け付けをしてきましたが、限られた予約枠の中で より当院の医療・療育を必要とされる方へ提供するために、6月初診予約分(5月1日〜5日申込み)よりネット予約での申し込みと予約調整を実施することといたしました。ご理解・ご協力のほどお願いいたします。
お申し込みの流れ

●毎月1日〜5日(次回6月予約分は5月1日〜5日となります):「みくりキッズくりにっく 発達・小児神経外来お申し込みフォーム」よりお申し込みください。なお、このお申し込み入力は、ご予約を確定するものではございません。

●毎月6~15日:院内の予約調整会議にて翌月分の予約枠をご案内できる方から順次メールにてご連絡いたします。

●毎月16~25日(25日が祝休日の場合は、翌日付けの振り込みを以て確認いたします):発達・小児神経外来 予約料の振り込み・予約確定
※このお申し込み入力は、ご予約を確定するものではございません。予約時に、記入いただいた内容のコピーが登録メールアドレスに自動返信される仕様となっております。ご確認いただき、自動返信メールが届いた時点でお申し込み完了となります。
※自動返信メールが届かない場合は、異なるアドレスにてご登録ください。Yahoo!メールやHotmailなどのフリーメール(WEBメール)をお使いの場合、迷惑メール防止機能により当院からの確認メールが迷惑メールと間違えられて、受信画面に表示されず、迷惑メールフォルダやゴミ箱に自動的に振り分けられている(または削除された)場合がございます。
また、メールボックスの容量がいっぱいになっていて、メールの受信ができない状態になっている等原因は様々です。
可能であれば、フリーメール以外のメールアドレスをご利用いただくことをお薦め致します。
※ご予約の確定された方であっても、期限内(~25日まで)にお振込の確認が取れない方はキャンセルとさせていただきます。
※予約枠にお越しできない方はメール(senmon@micri.jp)にてご連絡ください。なお、予約日の変更は承っておりません。翌月以降に再度お申し込みをお願いいたします。
6月のぽれぽれ予約(世田谷区)は5月9日(木)13:00から受付開始します。ぽれぽれの予約は03-3704-0890【専門外来予約電話】になります。よろしくお願いします。

日本経済新聞”生活リズム崩さずに ”として副院長 岡田 悠が取材をうけました

5月病 生活リズム崩さずに  _日本経済新聞 - www.nikkei.com

生活リズム崩さずに  :日本経済新聞

医師(副院長):岡田 悠
職歴:関東中央病院小児科、国立成育医療研究センター総合診療部・小児放射線診断部
資格:日本小児科学会専門医
兼務:国立成育医療研究センター小児放射線診断部

ひとこと:外来に来られるお子さんたちが日々成長していく姿が楽しみです。どんな小さな事でも、気になる事や心配事があれば、お気軽にご相談ください。救急診療や放射線診断の経験を活かして、適切で分かりやすい診療を心がけています!

医療従事者向けセミナー『障害のあるお子様への医療機関と連携した地域支援』のご案内(第8回(株)東京リハビリテーションサービス・㈱三輪書店 共催セミナー)

0001

この度、第8回(株)東京リハビリテーションサービス・㈱三輪書店 共催セミナーとして当院院長本田が登壇します。

小児科専門医・小児神経専門医として長く地域のこどもたちの成長・発達を診てきた本田が、多職種連携による専門的アプローチ・教育や福祉などの領域を超えた適切な時期の適切な支援を叶えるため、地域クリニックの担う役割と意義についてお話し致します。

お申し込みはこちら。

【みくりキッズくりにっくでは新設医療法人社団そして新規事業・クリニック併設型 医療型短期入所事業を支えるPT・OT・STを募集しております】

世田谷区二子玉川・上野毛の小児専門医療施設・みくりキッズくりにっくでは、一般小児科、乳幼児健診・予防接種、のほか育児サポートプログラム、モンテッソーリ教育、重症児支援、発達相談事業など…
すべての子どもたちの成長・発達、地域での子育てに医療・教育・デザインの枠を超えて携わるハビリテーションスタッフ(PT・OT・ST)を募集しています。

私たちみくりキッズくりにっくは、“すべての子どもと親に選択肢を”を理念として次世代の自由を育むため、その人がその人らしく生きられる事業に取り組むべく、当たり前でありながら、これまでなかった地域小児医療を提供するクリニックを運営しております。

この度、2019年4月に医療法人社団を新設し医療法人社団のびた みくりキッズくりにっくとしてスタートしました。

そこで、多職種連携による専門的アプローチ、医療だけでなく教育や福祉などの領域を超えた連携のできる地域クリニックを支えるためのハビリテーションスタッフ(PT・OT・ST)を新規募集しています。
教育システムもきちんと整っており、子どもたちの発達に幅広い経験と知識を身につけることができ、さらに、毎日がワクワクできる職場です。

詳しくはこちら

新設医療法人社団を支える事務(受付)スタッフを募集します│医療法人社団のびた みくりキッズくりにっく

ogp_micri

世田谷区二子玉川・上野毛の小児専門医療施設・みくりキッズくりにっくでは、一般小児科、乳幼児健診・予防接種、のほか育児サポートプログラム、モンテッソーリ教育、重症児支援、発達相談事業など…すべての子どもたちの成長・発達、地域での子育てに医療・教育・デザインの枠を超えて携わることを支援してくださる事務スタッフを募集しています。

私たちみくりキッズくりにっくは、“すべての子どもと親に選択肢を”を理念として次世代の自由を育むため、その人がその人らしく生きられる事業に取り組むべく、当たり前でありながら、これまでなかった地域小児医療を提供するクリニックを運営しております。

この度、2019年4月に医療法人社団を新設し医療法人社団のびた みくりキッズくりにっくとしてスタートしました。

そこで、毎日の患者様・ご家族との接点をスムーズにするポテンシャルを持った事務スタッフ(受付スタッフ)を募集しています。

こんな方、お待ちしています
・接客業務経験のある方
・医療施設での事務スタッフ経験のある方
・当院の理念に共感し、地域の子どもたちとそのご家族のために貢献したいという想いを持つ方

仕事内容について

■受付業務
患者様・ご家族の方から保険証などを預かり、電子カルテに情報を入力。予約についてのお問い合わせ、その他電話窓口としても応対します。

■患者様のご案内
電話や対面で次回予約や予防接種の調整をします。患者さんの症状などを聞き、医療知識に基づいて情報をヒアリング。医師や看護師が判断しやすいような情報を聞き出すことが重要です。また保護者からの相談が多い予防接種の「スケジューリングのサポート」も担当。

■会計・医療事務
会計は初診料(再診料)や検査料・薬剤費などをルールにしたがって計算。また、健康保険や国民健康保険などに対して請求する明細書を作成し、点検、提出するレセプト業務も担当します。

■クリニック内でのご案内
患者様の待ち時間やストレスを減らし、スムーズに診療が進むようにクリニック内全体を管理。個別の患者さんの様子に気を配りながらも全体を見渡し、柔軟に判断して動きます。

選考フロー
書類選考 → 1次面接 → 2次面接 → 内定

勤務時間などは調整可能です。まずはこちらからエントリーしていただければと思います。

バックナンバー

みくりキッズくりにっくのメールマガジン

『みくりだより』はこちら

みくりキッズくりにっくのメールマガジン

みくりだより

今後、みくりキッズくりにっくの最新情報を漏らさずチェックすることができます

gahag-0096014428